【脱毛器比較】ラヴィとモーパプロを比較!違いは?

フラッシュ式脱毛器の、ラヴィとモーパプロはどう違うのでしょうか?

本体の価格はどうでしょうか?
ラヴィは、本体は、カートリッジ付で、49,000円です。カートリッジ(20,000回)4,200円です。美顔用カートリッジ(30,000回)も同じく4,200円です。
モーパプロは、本体は通常価格99,800円ですが、期間限定特別価格にて49,800円となっています。カートリッジ(8000発)は、6,300円になります。美顔用カートリッジは7,350円、バストアップ用カートリッジは8,400円です。

本体価格はモーパプロが高いですが、モーパプロには美顔器機能の他にも、バストアップ機能まで付いています。
ラヴィにも美顔器機能は付いています。

カートリッジ1照射当たりのコスパはどうでしょう?
ラヴィは、20,000発で4,200円ですので、1照射当たり0.21円です。
モーパプロ、8,000発で6,300円ですので、1照射当たり0.78円となります。

照射面積は、ラヴィが30mm×20mm=6c㎡、モーパプロは21mm×31mm=6.51c㎡で若干広いです。

ハンドピースの重さは、ラヴィは180gで、モーパプロが130gになります。

ラヴィは、クアドラプルショット(4連射)ができるようになっています。
また、全面フィルターなので、有害な紫外線からお肌を守り、肌認識センサーが肌を正しく判断して照射します。
レベルは7段階調節できます。
30日間返金保証が付いています。

モーパプロは、優しい光なので、V・I・Oラインも自分で処理できるのが特徴です。
また、モーパプロはコラーゲン脱毛機能があり、お肌に含まれるコラーゲンを光の刺激で内側から元気にしてくれる効果があり、脱毛するだけで毛穴の引き締め&すべすべ素肌効果があります。
レベルは8段階調節できます。
30日間の返品・全額返金保証が付いています。

【脱毛器比較】ラヴィとセンスエピを比較!違いは?

フラッシュ式脱毛器の、ラヴィとセンスエピはどう違うのでしょうか?

本体の価格はどうでしょうか?
ラヴィは、本体は、カートリッジ付で、49,000円です。カートリッジ(20,000回)4,200円です。美顔用カートリッジ(30,000回)も同じく4,200円です。
センスエピは、本体はカートリッジ付きで、39,800円です。カートリッジ(750発)は、5,250円になります。

本体価格はセンスエピが安いですが、ラヴィには美顔器機能まで付いています。

カートリッジ1照射当たりのコスパはどうでしょう?
ラヴィは、20,000発で4,200円ですので、1照射当たり0.21円です。
センスエピは、750発で5,250円ですので、1照射当たり7円となります。

照射面積は、ラヴィ、センスエピともに30mm×20mm=6c㎡と、同じです。

ハンドピースの重さは、ラヴィは180gですが、センスエピは240gと重くなります。

ラヴィは、クアドラプルショット(4連射)ができるようになっています。
また、全面フィルターなので、有害な紫外線からお肌を守り、肌認識センサーが肌を正しく判断して照射します。
レベルは7段階調節できます。
30日間返金保証も付いています。

センスエピは、家庭用脱毛器としては初めて肌色センサーを搭載し、光を照射する前に、センサーが肌の濃淡を自動チェックし、肌にダメージを与えるのを防ぎます。過度に日焼けをしている所や、使用が適さない場合は光が照射されないようなセーフティー機能が付いています。
レベルは5段階調節できます。

【脱毛器比較】ラヴィとエスピルを比較!違いは?

フラッシュ式脱毛器のラヴィとエスピル、どう違うのでしょうか?

本体の価格はどうでしょうか?
ラヴィは、本体は、カートリッジ付で、49,000円です。カートリッジ(20,000回)4,200円です。美顔用カートリッジ(30,000回)も同じく4,200円です。
エスピルは、WEB限定特別価格で59,800円です。カートリッジ(8,000発)付きです。カートリッジは、6,300円になります。

本体価格はラヴィの方が安く、美顔器機能まで付いています。

カートリッジ1照射当たりのコスパはどうでしょう?
ラヴィは、20,000発で4,200円ですので、1照射当たり0.21円です。
エスピルは、8000発で6,300円ですので、1照射当たり0.78円です。

照射面積は、ラヴィ、エスピルともに30mm×20mm=6c㎡と、同じです。

ハンドピースの重さは両方とも軽く、ラヴィは180gと、エスピルは120gで、エスピルの方が軽いです。

ラヴィは、クアドラプルショット(4連射)ができるようになっています。
また、全面フィルターなので、有害な紫外線からお肌を守り、肌認識センサーが肌を正しく判断して照射します。
レベルは7段階調節できます。
30日間返金保証も付いています。

エスピルは、1回につきWショットなしの1ショットで安全かつより効果的に照射します。次の照射までは、3秒間隔でノンストレス、スピーディーに脱毛ができます。
また、広範囲全面フィルターが付いているので、紫外線を防ぎ、シミやシワの原因を作りません。
レベルは5段階調節できます。

【脱毛器比較】ケノンとトリア・プラスを比較!違いは?

家庭用脱毛器として人気の、フラッシュ方式の「ケノン」と、レーザー方式の「トリアプラス」はどう違うのでしょうか?

まず、フラッシュ方式とレーザー方式では、レーザー脱毛の方がフラッシュ脱毛よりも強いです。
肌が弱い人はフラッシュ脱毛の方が向いているでしょう。
しかし、レーザー脱毛の方が脱毛効果が高いので、確実に早く脱毛効果を出したいという人には向いているでしょう。

また、ケノンには脱毛機能の他に、美顔器機能が付いてるのが特徴です。

本体の価格はどうでしょう?
ケノンは、本体はメーカー希望小売価格は98,000円が、今ならウィンターセールでカートリッジ(ラージ・スリム・美顔スキンケア)が付いて72,800円です。カートリッジ(50,000発)が7,700円ですが、本体同時購入で3,780円です。また、美顔用カートリッジ(40,000発)は3,600円です。
トリアプラスは、洗顔ポーチ・洗顔フォーム・美容液が付いて通常69,500円ですが、期間限定特別価格にて52,400円となっています。

レーザー脱毛のトリアプラスは、カートリッジは不要で、初期投資のみになります。ただし、充電式なので、バッテリー切れの時は交換が必要です。

照射面積はどうでしょう?
ケノンは、20mm×35mm=7c㎡で、トリアプラスは、10mm×10mm=1c㎡で、ケノンの方が随分広い範囲を一気に照射できます。

ハンドピースの重さはどうでしょう?
ケノンは120gで、トリアプラスは584gとかなり重くなります。

ケノンは、1発、3連射、6連射を自由に切り替え可能です。
肌にも優しく、全面フィルター搭載で、強い光からお肌を守り、冷却ファンを搭載し、静かなのにしっかりハンドピースを冷やし、熱くなり難くなっているので安心です。
レベルは10段階調節できます。
また、眉、お顔やデリケートゾーンの脱毛に、電気ツイーザータイプの脱毛器も付いています。

トリアプラスは、毛だけがターゲットになるので肌への負担が最小限で済み、アフターケアも必要ありません。
レベルは5段階調節になっています。
30日間の返金保証も付いています。

【脱毛器比較】ケノンとモーパプロを比較!違いは?

家庭用フラッシュ式脱毛器のエムロックの「ケノン」と、美容大国韓国発(日本仕様)の「モーパプロ」はどう違うのでしょうか?

ケノン、モーパプロの両方とも、脱毛機能他にも、美顔器機能が付いています。
さらにモーパプロには、バストアップ機能まで付いています。
ケノンには、眉、お顔やデリケートゾーンの脱毛に、電気ツイーザータイプの脱毛器が付いています。

本体の価格はどうでしょう?
ケノンは、本体はメーカー希望小売価格は98,000円が、今ならウィンターセールでカートリッジ(ラージ・スリム・美顔スキンケア)が付いて72,800円です。カートリッジ(50,000発)が7,700円ですが、本体同時購入で3,780円です。また、美顔用カートリッジ(40,000発)は3,600円です。
モーパプロは、本体は通常価格99,800円ですが、期間限定特別価格にて49,800円となっています。カートリッジ(8000発)は、6,300円になります。美顔用カートリッジは7,350円、バストアップ用カートリッジは8,400円です。

カートリッジの1照射当たりのコストパフォーマンスはどうでしょう?
ケノンは、定価7,700円(カートリッジ寿命5万回)で計算しても、1照射当たり0.15円です。
モーパプロは、6,300円(カートリッジ寿命8千回)で、1照射当たり0.78円となります。
コストパフォーマンス的には、ケノンの方が断然安いです。

照射面積はどうでしょう?
ケノンは20mm×35mm=7c㎡で、モーパプロは21mm×31mm=6.51c㎡で、ケノンの方が若干広くなっています。

ハンドピースの重量に関しては、ケノンが120gで、モーパプロは130gでほとんど変わりません。

ケノンは、1発、3連射、6連射を自由に切り替え可能です。
肌にも優しく、全面フィルター搭載で、強い光からお肌を守り、冷却ファンを搭載し、静かなのにしっかりハンドピースを冷やし、熱くなり難くなっているので安心です。
レベルは10段階調節できます。

モーパプロは、優しい光なので、V・I・Oラインも自分で処理できるのが魅力です。
また、コラーゲン脱毛機能があり、お肌に含まれるコラーゲンを光の刺激で内側から元気にしてくれる効果があり、脱毛するだけで毛穴の引き締め&すべすべ素肌効果があります。
レベルは8段階調節になっています。
30日間の返品・全額返金保証が付いています。

ケノンは6連射機能、照射面積が広い、カートリッジのコスパが良い、軽量である等の面で優れています。
対して、モーパプロはバストアップ機能まで付いていますし、ケノンでは脱毛できないI・Oラインまで処理できる魅力があります。

【脱毛器比較】ケノンとセンスエピを比較!違いは?

フラッシュ式家庭用脱毛器のエムロックの「ケノン」と、美容大国イスラエル発の「センスエピ」はどちらも人気商品ですが、どう違うのでしょうか?

まず本体の価格はどうでしょうか?
ケノンは、本体はメーカー希望小売価格は98,000円が、今ならウィンターセールでカートリッジ(ラージ・スリム・美顔スキンケア)が付いて72,800円です。カートリッジ(50,000発)が7,700円ですが、本体同時購入で3,780円です。また、美顔用カートリッジ(40,000発)は3,600円です。
センスエピは、本体はカートリッジ付きで、39,800円です。カートリッジ(750発)は、5,250円になります。

センスエピの方が本体価格が安いですが、ケノンには美顔器機能まで付いてるのは大きな違いです。

カートリッジの1照射当たりのコストパフォーマンスはどうでしょう?
ケノンは、カートリッジ寿命5万ショットで定価7,700円で計算しても、1照射当たり0.15円です。
センスエピは、カートリッジ寿命750ショットで5,250円ですので、1照射当たり7円となります。
ケノンの方が断然安いですね。

照射面積は、ケノンは、20mm×35mm=7c㎡で、センスエピは30mm×20mm=6c㎡で、ケノンの方が1c㎡広くなっています。

ハンドピースの重さはどうでしょう?
ケノンが120gと携帯並みですが、センスエピは240gと倍の違いがあります。

ケノンは、1発、3連射、6連射を自由に切り替え可能です。
肌にも優しく、全面フィルター搭載で、強い光からお肌を守り、冷却ファンを搭載し、静かなのにしっかりハンドピースを冷やし、熱くなり難くなっているので安心です。
レベルは10段階調節できます。
さらに、眉、お顔やデリケートゾーンの脱毛に、電気ツイーザータイプの脱毛器も付いています。

センスエピは、家庭用脱毛器としては初めて肌色センサーが搭載され、照射前には、肌の濃淡を自動チェックし、肌へのダメージを防ぎます。過度に日焼けをしている所や、使用が適さない所については照射されないようなセーフティー機能が付いています。
レベルは5段階調節です。

【脱毛器比較】ケノンとエスピルを比較!違いは?

フラッシュ式家庭用脱毛器のケノンとエスピルはどちらも人気商品ですが、どう違うのでしょうか?

まず本体、カートリッジの価格はどうでしょうか?
ケノンは、本体はメーカー希望小売価格は98,000円が、今ならウィンターセールでカートリッジ(ラージ・スリム・美顔スキンケア)が付いて72,800円です。カートリッジ(50,000発)が7,700円ですが、本体同時購入で3,780円です。また、美顔用カートリッジ(40,000発)は3,600円です。
エスピルは、WEB限定特別価格で59,800円です。カートリッジ(8,000発)付きです。カートリッジは、6,300円になります。

エスピルの方が本体価格が安いですが、ケノンには美顔器機能まで付いています。

カートリッジの1照射当たりのコストパフォーマンスはどうでしょうか?
ケノンは、カートリッジ寿命5万ショットで定価7,700円で計算しても、1照射当たり0.15円です。
エスピルは、カートリッジ寿命8千ショットで6,300円ですので、1照射当たり0.78円です。

照射面積は、ケノンは、20mm×35mm=7c㎡で、エスピルは30mm×20mm=6c㎡で、ケノンの方が1c㎡広いです。

ハンドピースの重さはケノン、エスピルとも120gと、携帯電話並みの軽さを実現しています。

ケノンは、1発、3連射、6連射を自由に切り替え可能です。
全面フィルター搭載で、強い光からお肌を守り、冷却ファンを搭載し、静かなのにしっかりハンドピースを冷やし、熱くなり難くなっているので安心です。
レベルは10段階調節できます。
また、眉、お顔やデリケートゾーンの脱毛に、電気ツイーザータイプの脱毛器も付いています。

エスピルは、1回につきWショットなしの1ショットで安全かつより効果的に照射します。次の照射までは、3秒間隔でノンストレス、スピーディーに脱毛ができます。
広範囲全面フィルターが付きで、紫外線を防ぎ、シミやシワの原因を作りません。
レベルは5段階調節できます。

【脱毛器比較】ケノンとラヴィを比較!違いは?

家庭用フラッシュ式脱毛器をご検討の方、ケノンとラヴィはどちらも人気商品ですが、どう違うのでしょうか?

どちらも美顔器機能付きです。

まず本体とカートリッジの価格はどうでしょう?
ケノンは、本体はメーカー希望小売価格は98,000円が、今ならウィンターセールでカートリッジ(ラージ・スリム・美顔スキンケア)が付いて72,800円です。カートリッジ(50,000発)が7,700円ですが、本体同時購入で3,780円です。また、美顔用カートリッジ(40,000発)は3,600円です。
ラヴィは、本体は、カートリッジ付で、49,000円です。カートリッジ(20,000回)は4,200円です。美顔用カートリッジ(30,000回)も同じく4,200円です。

カートリッジの1ショット当たりのコストパフォーマンスはどうでしょうか?
ケノンは、カートリッジ寿命5万ショットで定価7,700円で計算しても、1照射当たり0.15円です。
ラヴィは、カートリッジ寿命2万ショットで4,200円ですので、1照射当たり0.21円です。

照射面積はどうでしょうか?
ケノンは、20mm×35mm=7c㎡で、ラヴィは30mm×20mm=6c㎡で、ケノンの方が1c㎡広いです。

ハンドピースの重さはどうでしょうか?
ケノンは120g、ラヴィは180gと、携帯電話並みの重さで、長時間使用しても手が疲れることがありません。

ケノン、ラヴィともに自動照射モードが搭載で、肌に当てたまま滑らせるだけで、スムーズに脱毛でるようになっています。

ケノンは、1発、3連射、6連射を自由に切り替え可能です。
全面フィルター搭載で、強い光からお肌を守り、冷却ファンも搭載し、静かなのにしっかりハンドピースを冷やし、熱くなり難くなっているので安心して使用できます。
レベルは10段階調節できます。
また、眉、お顔やデリケートゾーンの脱毛に、電気ツイーザータイプの脱毛器も付いています。

ラヴィは、クアドラプルショット(4連射)が採用されています。
全面フィルター付きで、有害な紫外線からお肌を守り、肌認識センサーが肌を正しく判断して照射します。
レベルは7段階調節できます。
また、30日間返金保証も付いています。

美顔器機能がついている脱毛器はどれ?

最近のフラッシュ式脱毛器には、脱毛機能の他に、美顔器機能まで付いているものが人気が出ています。
カートリッジを美顔用に替えるだけで、エステサロンでも人気の光フェイシャルまで自宅で気軽にできるのですから、とても魅力的ですよね。
脱毛、そして美顔でエステサロンに通うことを考えたら、1台で2役もついているので大変お得ですよね。

脱毛器でできる光エステ・フォトフェイシャルは、IPL(インテンスパルスライト)という光を照射して、お肌の真皮にあるコラーゲンやコラーゲンを産出する線維芽細胞を活性化させ、お肌のターンオーバーを促進する効果があります。それにより、アンチエイジング効果や、ニキビ、開き毛穴、シミ、ソバカス、しわ、たるみ等、肌トラブル全般の悩みに対して効果を期待できるのです。
使い続けることで、潤い、ツヤのある、つるすべ美肌を目指すことができるものです。
ジェルなども不要なので、気軽にできます。
フォトフェイシャルでのお手入れは、1週間に1度くらいで十分なので面倒くさがり屋さんでも続けられそうです。

美顔気器機能がついている脱毛器を下記に紹介します。

ケノン (本体:本体:98,000円⇒73,800円、美顔用カートリッジ:3,600円)
ラヴィ (本体:49,000円、美顔用カートリッジ:4,200円)
モーパプロ (本体:78,000円、美顔用カートリッジ:7,350円)

例えば、ケノンの美顔機能を使った人の体験談では、「シミやそばかすが薄くなった」、「毛穴やシワが薄くなった」といった声が出ています。脱毛器がメインではありますが、美顔機能の効果も期待できるもののようです。

カートリッジの値段をショット回数で割って比較してください。

数あるフラッシュ式脱毛器の中から、どれを購入するか選ぶ際、本体の価格以外でも、カートリッジのコストパフォーマンスもポイントになってきます。

フラッシュ式脱毛器は、痛みも少なく、照射範囲も広いためスピーディーに処理することができますが、カートリッジの交換が必要になってきます。
カートリッジ1つあれば何回も照射できるのではなく、カートリッジは○○回までと、決まった回数しか使用できない消耗品になります。
特に、全身脱毛しようと思ったら、効果が実感できるまでにカートリッジ1つで足りるとも限りません。

このように、一度購入したら、長く使うものなので、購入後にかかる消耗品の価格も考慮する必要があります。
本体だけの価格を見て、後で後悔しないためにも、カートリッジのコストパフォーマンスをしっかりチェックしてから決めるようにしましょう。

それぞれの脱毛器のカートリッジの値段と、1照射当たりのコストを計算してみました。

【ケノン】 カートリッジ:7,700円で50,000発(最小出力)、1ショット当たり0.15円
      (キャンペーン価格 カートリッジ:3,780円の場合1ショット当たり0.075円)
【ラヴィ】 カートリッジ:4,200円で20,000発(最小出力)、1ショット当たり0.21円
【エスピル】 カートリッジ:6,300円で8,000発(最小出力)、1ショット当たり0.78円
【センスエピ】 カートリッジ:5,250円で750発(最小出力)、1ショット当たり7円
【モーパプロ】 カートリッジ6,300円でで8,000発(最大出力)、1ショット当たり0.78円

以上のようになります。
モーパプロのみは、最小出力におけるショット数が公開されていなかったので、最大出力で計算してあります。
是非、ご参考にしてみて下さい。